プロミス 金利

低金利なプロミスなら返済も楽々で忙しい人でも安心!

個人で仕事をしているのですいが、最近仕事で使っていたノートパソコンが急に壊れてしまいました!長く使っていたので寿命かもしれません。早く新しいものを用意しないと仕事にならなくて困るのですが、ちょうどお金のない時期でパソコン代となると金銭的に厳しいところです。

そこでお金を借りてパソコンを新調しようと考えているのですが、どうも抵抗があり悩んでいます。以前に一度だけお金を借りたことがあって、その時に利息が高く付いて返済が苦労した経験があります。

出来れば返済時の負担が小さくて済む、金利のお得な会社で借りたいです!そこでカードローンのことに詳しい友人に連絡して相談してみることにしました。すると今ならプロミスが良いよ!と教えてくれたので、そこに申し込んでみることに。何でも銀行系の会社だから金利が低く設定されているらしいんです!

そして審査にも無事通り、お金も問題なく借りられました!パソコンも無事新調出来て、これなら仕事にも支障は出ません!そして気になっていた返済ですが、友人の言った通り、以前に借りた時よりもずっと楽に返済出来ています!

月々の支払い金額も選べるし、金利もお得で全然苦になりません。友人に聞いておいて本当に良かったです。僕の借りたプロミスなら低金利でお得だから初めてでも安心です。そして以前の僕のようなお金を借りることが不安な人にも、お勧めです!

知ってた!?プロミスの女性専用「レディースキャッシング」

プロミスには女性専用の「レディースキャッシング」があるそうです。プロミスコールでも電話番号が違っていて、オペレーターも女性の方が対応してくれるというので安心ですよね。

近年は女性の消費者金融の利用者も増えているようです。消費者金融側もこのようなニーズに合わせて、女性にも近づきやすい雰囲気作りに取り組んでいるのでしょう。安定した収入であればアルバイトやパートでも融資を受けることが出来るし、契約時もウェブから行えば友達や家族から疑われる心配がないので、昔に比べれば女性にとって消費者金融は「手軽で身近」な存在になったということでしょうか。

また、プロミスは三井住友銀行、アコムは三菱東京UFJ銀行などと大手銀行の傘下に入ったということで利用者は安心感があるし、CMなどでは若い女優やアナウンサーが起用されているので、イメージもずいぶんと明るくなりました。

消費者金融だけでなく、同じように女性利用客のためにイメージアップを図っているという点で頭に浮かぶのは「パチンコ」店です。従来はほとんど男性だけで埋め尽くされていて、利用する女性は「変わった人」というようなイメージさえあったのに、最近では女性でもすっかり日常の娯楽として楽しめるようになりましたよね。「レディース専用」などといった台が並んだり、女性受けするタレントのものを導入したり、建物そのものもずいぶん雰囲気が変わってきたように思います。若いカップルなどはデートにも使っているようです。一昔前からは想像も出来ないような光景でしょうね。

イメージが明るくなったり女性にもオープンになったりすることはいいことだと思いますが、いくらイメージアップして安心感が出たとはいえ消費者金融を利用するのに注意が必要なことはいうまでもありません。利用するときはだらだらと複数回、長期利用になってしまわないように注意してください。

借金があると住宅ローンが組めない可能性があるって本当!?

人生で一番大きな買い物と言われる住宅購入。ほとんどの人はこのとき初めて銀行でローンを利用するのではないでしょうか。

住宅を決めるのも長期間かけてリサーチし、大変な労力をもって決断するものです。予算、間取り、場所・・・今までにない大きな金額で買い物をするわけですから頭を悩ませるのはもちろん、購入決定までに何度も不動産や物件に足を運ぶことだと思います。

そんな思いをしてようやくひとつの物件を選び、長い時間をかけて銀行との契約を済ませると、後は銀行からの審査結果を待つだけ・・・となります。勤務先、収入、現在ほかで組んでいるローン、過去の融資歴・・・などが審査の対象になるわけですが、過去に消費者金融の利用歴があればそれは審査に影響してくるのでしょうか?

答えは「イエス」です。ただ、利用歴があるだけで審査が通らないというものではなく、借りた金額や期間、回数、返済の様子などが考慮されるようです。当然返済が滞るようなことがあったり、複数社に長期間の借り入れがあったりすると審査には悪影響です。銀行側から見ると、これから長期にわたって高額のローンを組むわけですから、過去の利用歴を見てその人となりを判断するというのは当然のことですよね。

また、銀行ローンの審査に影響を与えるのは過去5年間というデータもあります。現在住宅購入する予定のない人も、30代になってからの消費者金融の利用はこのような可能性も視野に入れておくべきかもしれません。

そのときは誰にもばれないつもりで融資を受けていたとしても、何年かあとで、しかも大変な労力をかけた住宅購入の最終地点で過去の経験がマイナス要素になってしまうなんて最悪ですよね。しかもそのときパートナーや子どもがいると、周りまでもがっかりさせてしまいます。現在消費者金融を利用中の人、またこれから利用を考えている人は安全な利用を心がけるひとつの理由としても覚えておいたほうがいいですね。

消費者金融の審査に勤務先の規模は関係するのか

消費者金融から融資を受けるにはある程度の勤続年数があり、収入が安定していることが条件になっていますが、勤務先の違いが審査に関係することはあるのでしょうか?正社員でなく、パートやアルバイトでも申し込み可能といううたい文句をよく見かけますが、正直審査が厳しくなったりするのでは・・・などと思うことがあります。

あるデータを見てみると、消費者金融は利用者が大手に勤めていようが、零細企業に勤めていようが審査には大きく変わりはないようです。その理由としては、利用者のほとんどが中小企業や零細企業に勤めている人だからです。会社の規模よりも実態がある会社かどうか、経営状態はどうなのかというところに重点を置くようです。

確かに収入が低いからお金を借りることが多いわけで、実際の消費者金融の顧客層を見ても平均年収が400万円以下の人が過半数を占めています。当然のことですが、たくさん稼いでいれば消費者金融から融資を受ける必要はないし、中小企業や零細企業ということが理由で審査が通らないということになると消費者金融も顧客を得ることができないですよね。ある程度の安定した収入があれば、勤務先の規模などは気にしなくてもいいでしょう。

勤務先の規模が問題ではなく、「安定した収入」というところに重点が置かれる・・・となると、収入が不安定な職業は倦厭されるのでしょうか?実際にそのような傾向にあるようです。審査は通っても融資の額が低いということもあるようで、その例にはアーティストや水商売、タクシーの運転手などが挙げられています。

パートやアルバイト、派遣社員などの勤務形態でお勤めの方も、収入が安定していれば融資が受けられます。ただ、消費者金融の規制で年収の3分の1までしか融資が受けられないというものがあるので、アルバイトなどで年収150万円だと50万円までしか融資が受けられないということになります。

これから借り入れを考えている人は、プロミスの「借り入れシュミレーション」で自分の借入限度額などを調べてみることをオススメします。